ちぃさん・こっくさんお餅つきで温まる

12月10日に子ども食堂『ちぃさん・こっくさん』主催の餅つきが沖村公会堂で行われました。
ちぃさんコックさんの他にも保護者、PTA、白木スポーツクラブ、学区外からの人や野菜づくり仲間など20人余りがボランティアとして参加し、ども82人、大人55人の住民らに餅と豚汁を振る舞いました。
代表の谷口ひとみさんは・平野奈緒美さんは「ここでのお餅つきは初めててでしたが、無事に行うことができてよかったです。たくさんの方に寄付やご協力いただいたことに心から感謝しています。皆さんの楽しそうな顔を見られて嬉しかったです。今度は子どもたちにも餅つきをしてもらいたいと思いました」と笑顔で話していました。